So-net無料ブログ作成
検索選択

朝日、落選候補に「当選」

朝日、落選候補に「当選」…テレビも誤報相次ぐ

 朝日新聞が、一部地域の12日朝刊で、衆院選比例東京ブロックで落選した共産党の女性候補を誤って「当選」と報じた。党派別当選者数も、共産党が実際より1人多い「10」、社民党が1人少ない「6」として掲載された。都選管が一時、誤った開票速報を流したためだが、同社は12日午前、誤報について共産党本部に謝罪し、該当地域の12日夕刊と13日朝刊に「おわび」を掲載した。

 都選管によると、12日午前1時7分ごろ、「1万票」だった共産党票を「4万7000票」、「5000票」だった社民党票を「2万2000票」と間違った北区の開票速報を報道各社に送ったという。北区が政党を届け出順に並べていなかったのが原因で、都選管では、約20分後に電子メールやファクスで訂正した。

 朝日新聞社広報部によると、都選管から送られた訂正に対応するのが遅れたため、誤ったデータを反映した紙面が、全国に約140万部配られた。実際に当選したのは社民党の保坂展人さんで、最終版では正しい結果が反映された。

 一方、テレビ朝日も、この共産党候補を「当選」と報じ、後に訂正。また、パソコンの作業ミスが原因で、比例南関東ブロックの民主党候補を「当選」と報じ、訂正した。TBSと日本テレビは、共産党の比例東京ブロック1位の候補を「当選」と報じ、後に訂正した。得票数が、復活当選の基準に達していなかったことを確認しなかった。
(読売新聞) - 9月12日22時50分更新


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。