So-net無料ブログ作成

包茎治療医師を大好きな朝青龍

疲労骨折しているという(偽)診断書を書いたりした医者が誰かしらないが、
医者って金さえ払えば平気で嘘をつくものなんですね~。

以下コピペ↓
『8月12日6時7分配信 スポーツニッポン

 日本相撲協会から2場所出場停止などの処分を受け「急性ストレス障害」と診断された横綱・朝青龍(26=高砂部屋)が、同時期に複数の精神科医の診察を仰ぐ可能性が出てきた。

 師匠の高砂親方は朝青龍に謝罪会見を行うように求めたが、10日の話し合いで説得に失敗したため、治療を優先させることを決断。同日夜に相撲診療所の吉田所長に新たな心療内科医の派遣を求めた。高砂親方は「前回(6日に)診てもらった今坂先生が海外出張中なので」とし、週明けにも協会指名の医師が朝青龍の自宅に出向く予定と説明した。その一方で、朝青龍サイドは今後も「神経衰弱および抑うつ状態」と診察した形成外科(包茎治療専門)の本田昌毅医師による診療を続ける可能性が高いとしている。

 高砂親方は「朝青龍の方で知っている人がいるなら構わない。1人でも多くの人に診てもらった方がいい」と語るものの、複数の医師の診察は治療方針に混乱を招くことが予想され、事態は長期化する恐れも出てきた。 』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。