So-net無料ブログ作成
検索選択

中国人による大虐殺

スペインの裁判所、江元主席らに逮捕状 「虐殺に関与」
北京=林望】スペインの全国管区裁判所は19日、チベットでの「ジェノサイド(大虐殺)」に関与した疑いで、中国の江沢民元国家主席や李鵬元首相ら5人の共産党幹部に逮捕状を出した。AP通信などが伝えた。実際に拘束される可能性は極めて低いが、中国は強い不満を示しており、両国関係に影響が出そうだ。

 在スペインの亡命チベット人や支援グループが2006年ごろから、「種族の滅亡や虐待の罪を犯した」などとして、中国の歴代指導者らを刑事告発していた。スペインの裁判所は海外での反人道犯罪などの容疑者に逮捕状を出す権限が与えられているという。

2013年11月20日18時55分』

入域を制限して人目につかないようにされ、自由な発言も禁止された地域で行われている、漢民族によるチベット民族に対するジュノサイドを国際社会は一刻も早く止めなければいけない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。